フローリング床にできた傷を適切に補修する方法

住宅物件に多く使用されているフローリング床は表面に艶出し加工が施されているため見栄えが良く、水や油を弾くことから清掃の手間も省ける利点があります。
フローリング補修のサイトはこちらです。

その一方で家具などを引き摺ることで傷が出来やすい欠点もあります。フローリング床に出来た傷は汚れや湿気が入り込むことで床材が劣化し、大きく損傷する原因になります。そのため、速やかに補修することが重要になります。フローリング床の補修を行う際は傷を塞いで撥水性を保持させることが大切です。市販の補修剤を着ずに埋め込むように塗布することで表面を覆い、外部からの刺激を緩和させることが出来ます。

補修剤はフローリング床の色や質感に合わせて選び、作業を終えた後は表面を滑らかに削り取ることが綺麗に仕上げるための心得です。また、作業を行う前に傷の周囲にやすりをかけて出っ張りを取り除き、汚れも拭き取っておきます。特にキッチンや洗面所などの水回りは僅かな隙間から湿気が入り込んで床材が腐食するので、補修剤は必ず説明書の記載内容に従って扱います。フローリング床は経年劣化で建材の色落ちや変形が生じて自然に傷や隙間が出来ることがあります。

床材の傷みが広範囲にわたって生じている場合は大掛かりなリフォーム工事が必要になるので専門業者に作業を依頼するのが賢明な対処法です。築年数が長い物件は床材を支える柱も腐食しているケースが多いので、必ず事前に入念な調査を行ったうえで必要な部分だけに工事を行うことが居住性を保つための条件になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *