浴室のリフォームの際に気を付ける4つのこと

浴室リフォームの際に気を付けることは、快適な空間や安全対策や掃除のしやすさとカビ対策の4つです。
東京の風呂リフォームのサイトはこちらです。

快適な空間では、足をゆっくり伸ばせるだけの浴槽にリフォームするのが良いでしょう。足をゆっくり伸ばすことで疲れた心身を休めたりストレス解消のための空間にすることで満足感が得られますし、健康の維持にも繋がります。

安全対策では、床の段差をなくしたり滑りにくい材質のものに変更するなどのリフォームが良いでしょう。

また、姿勢を変える必要のある場所には手摺りを設けるのも良いでしょう。

また、水栓金具などの怪我しやすいものは正面に付けて浴室自体は凹凸の少ないものにするのが良いでしょう。
ガラスは強化ガラスに変更することで、割れにくくすることもできます。

ヒートショック現象を防ぐためには、温度差の急激な変化を起こさせないために浴室や洗面所に暖房を設置して暖かくしておくのが良いでしょう。

また、脆いタオル掛けなどは設置しないか掴まり難い箇所に設置しましょう。
体重を掛けた時に外れたり壊れて思わぬ事故になるのを防ぐためです。

掃除のしやすさでは、腰痛の原因になる手間や体力を考えることが大切です。
タイルも目地のないシステムバスに変更することで、掃除がしやすくなります。
カビ対策では、掃除をカビの生えやすい箇所を無くしたり自動洗浄装置付きの浴槽に変更すると良いでしょう。

特にカビは、水気の多い浴室で繁殖しやすいため乾燥させるのが効果的です。

そのためには、換気扇を設置したり浴室乾燥機を設置するのが良いでしょう。
窓からだけでは湿度の高い梅雨の時期では、十分乾燥させることが難しいからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *